保守契約について

エア搬送装置・精米機器の性能を維持し、安全に、そして安心してご使用いただく為に、定期的な設備点検と緊急修理時のサポートを行う為のご提案です。

保守サービス内容

  • 保守サービスの履行方法として年1回、定期検査を行います。
  • 定期点検以外にも障害が発生した場合は、要請に従い実施時期・料金等を別途協議のうえ、保守サービスを行います。
  • 保守サービスにあたり本来の用法により不良となった消耗品については、無償で交換します。※特定部品(モーター等)は有償になります。
  • エア搬送装置・精米機器を常に良好な状態で使用する事ができるよう点検・掃除・調整修理および必要に応じて部品の交換を行います。

なぜ保守契約が必要?

定期的な整備により、トラブルを未然に防ぎ「安全」な装置・機器を「安心」して「有効的」に使用するには、保守点検が必要です。


保守契約のメリット

  • 定期的な整備を行い、トラブルを未然に防ぎ、稼働率を向上します。プラン毎に予め定められた交換部品を交換するだけでなく、経験豊富なサービスエンジニアが装置コンディションを的確に判断し装置毎に必要と思われる部品を交換します。
  • 緊急修理時、機器整備記録により装置の状況が把握できており、トラブル対処の診断・処置が迅速に行えます。

保守サービス適用範囲外について

保守サービスには、以下に該当する修理・調整等の作業は含まれませんので、ご注意ください。

  • 特定部品(モーター等)の交換
  • 故意、過失または、不適切な使用による故障の修理調整
  • 天災、火災、人災その他の事由に起因する故障の修理
  • 弊社の派遣する技術者以外の者による改造、設置場所の移動に起因する故障
  • 改造、調整、設置場所の移動、オーバーホールの実施